男性と女性

離婚問題で生じる慰謝料の話し合いは弁護士を通して行いましょう

企業の事務負担軽減の方法

相談

最も負担の重い社内事務

今日、人手不足ということもあって、間接部門の人員を減らし、営業、製造、技術開発といった直接部門の人員を増やしていきたいと考えている企業は非常に多くあります。しかし実際のところ、経理や総務などといった社内事務にどうしても人員を割かなければならないのが現状です。社内事務の中で最も負担の重いものの一つとして給与計算が挙げられます。給与計算は勤怠データを正確に集計して給与に反映させるだけでなく、労働基準法、労働保険、社会保険などの専門的知識が要求されることから、誰にでも任せられるものではありません。そのような場合、社労士に給与計算を外注することが有効的な手段といえます。社労士は労働関係法令、社会保険関係のスペシャリストである為、法改正にも的確に対応し、迅速な処理が期待できます。横浜市内においても多くの社労士事務所が企業の給与計算を請け負っており、横浜市内の社労士が神奈川県外の給与計算を担当しているケースも多くみられます。

依頼する上での注意点

このように社労士に給与計算を外注すれば、社内の事務負担が軽減されるだけでなく、正確かつ迅速に計算がなされるというメリットがある訳ですが、外注するにあたっては注意点もあります。第一にどの社労士に依頼するかを慎重に検討しなければならないということです。横浜市内の企業であれば同じ市内の社労士事務所に手配するのが良いわけですが、どの社労士事務所も給与計算業務を行っている訳でないですし、給与計算をしているといっても実績が乏しいような事務所であれば、寧ろ横浜市内、神奈川県外の社労士事務所であっても実績の豊富なところに手配する方がよいでしょう。第二に正確な勤怠データを相手に渡すということです。元のデータが間違っていれば、どれだけ正確かつ迅速に計算しても意味がないからです。これらの点に注意すれば、社労士に給与事務を依頼するメリットは非常に高いと言えます。

Copyright© 2016 離婚問題で生じる慰謝料の話し合いは弁護士を通して行いましょう All Rights Reserved.